歯ブラシの正しい方法

インプラントに行き、歯を再生させた人や虫歯の数がゼロの人など色々な人がいます。

しかし歯を磨くことは皆同じ作業です。

正しい歯の磨き方はどんなものなのか。

歯ブラシの選び方はどんなものなのか。

 

良いと言われている毛先の歯ブラシ

・市販の歯ブラシの「普通」程度の毛のかたさ

・ナイロン製で毛先を丸く処理してあるもの

 

歯ブラシの柄の選択基準

・まっすぐ

・突起がない

 

ざっくり言うとこんな感じだそうです。

 

歯を磨くタイミングや時間としては、食後すぐに磨くのではなく、30分程時間を置いてから磨くと良いとされています。

万が一、1日の間で食後に歯を磨くことが

不可能な場合でも、寝る前には入念に磨くと良いとされています。

細菌の繁殖を抑えてくれる唾液の分泌が、睡眠時は減少するからです。

そして最低でも1日に2度は歯を磨きましょう。

磨き方にも幾つか種類があります

 

 

1本ずつ磨く立て磨き

ほぼ円柱形の1本の歯。

これらを6面体と考え、表側の正面と左右、裏側の正面と左右から1本ずつ磨く方法です。

歯並びが良くない人に向いている磨き方とされています。

 

バス法

使用する歯ブラシは柔らかい毛先のもの。

歯と歯茎の境目、ポケット内などを重点的に磨く方法です。

歯周病の予防や治療に向いている磨き方です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*