なぜ歯並びが悪くなる?

友達に歯並びがとても綺麗な子が何人かいます。

その友達のなかでも種類が分かれています。

本当に小さいころから歯並びが綺麗な子。

小さい時に歯の矯正をしたから歯並びが綺麗な子。

インプラントをしたから歯並びが綺麗な子。

この3つに分かれます。

なぜ、人は歯並びが悪くなるのでしょう。

1、 遺伝的な骨格の問題

歯並びも遺伝すると言う事です。やはり、顔の骨格、あごの大きさで歯の大きさも変わってきます。親の歯の形も遺伝します。

私の顔は父親に似ているのですが歯の形も似ています。

 

2 日常の癖

日常の何気ない癖から歯並びが悪くなっているとも言われています。

まずは、頬杖や指をしゃぶるクセです。

小さい赤ちゃんや甘えんぼうの子どもがよく指しゃぶりをしています。

私も私の弟もずっと指しゃぶりをしていました。

結局、歯並が少し悪くなってしまっているのも指しゃぶりが原因なのでしょう。

頬杖もあまりやらない方が言いそうです。

歯をおしてしますのでどんどん歯並びが悪くなってしまうそうです。

何気ない日常の行動も歯並びにつながるのですね。

 

3 虫歯

虫歯も大きな原因の一つだと言われています。

虫歯をぬいてそのまま放置してしますと歯が自分の居場所を認識できなくなってしましどんどん動いてしますのです。

そうなれば、どんどん歯の隙間が開いてきてしまし、歯がガタガタになると言われています。

4 つまようじ

つまようじも本当は良くないそうです。

つまようじを歯の間にさすと隙間が出来やすくなるそうです。

歯グキも弱ってしまい歯の老化を早める事になるそうなのです。

歯医者さんで歯、つまようじを進めておらずその代わりにフロスという糸興次を進めているそうです。

5 食べ方の問題

幼少期に柔らかいものばかり食べていると顎がちゃんと発達しないため顎が小さくなってしまいます。この小さくなったアゴに大きな歯が生えてしまうと十分なスペースがないため、ガタガタに生えてしまうのです。

最近の小さい子は本当に顎が小さい子が多いです。

柔らかいものばかり食べていたのでしょうか。

 

6呼吸の仕方

この呼吸の仕方も本当に重要です。

鼻炎等を持っている人は、口呼吸を続けてしまうと唇で歯を抑える力がとても弱くなる為、受け口や出っ歯になる可能性がとても多いそうです。

受け口や出っぱになると色々と生活に支障をきたすため、これだけは避けたい所ではあります。

この様に歯並びが悪くなる原因は沢山あります。

自分の子どもの歯並びが悪くならない様にこの点は気をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です